ORTAS-MKNK
blank blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
ダストハイド試作
粉塵や猫の毛、目の細かいホコリなどの奥へ奥へ入り込んでいく特性を
逆手に取れないかとダストスィーパー紛いな「ダストハイド」を試作。
ある程度放っておいても自ずと奥に入り込んでいく。というのを予想。
この辺はまだ設置したばかりなんで様子見です。
放っておかずともホウキでホコリを送り込んでおいて(ホコリ隠ししておいて)
掃除機で吸うまでまとめておくとかもあり。
入ったホコリに接触・絡ませて外に出しにくくする(と期待してる)「櫛」。
櫛に引っ掛かって地に着かない位置にホースが差し込める構造。
このホースはこのダストハイド専用で出口側(アウトレット側)を
掃除機(集塵機)のノズルと接続する感じに。

ある程度溜まってから吸い込ませるとか、
掃除する際、常に吸引状態にさせておいてダストハイドをゴールに
ホウキでゴミを流し込んでいくとか。
吸引力に関しては木工の木屑をホウキで流し込んで試してみましたが
ちゃんと吸い込んでるので調子はまずまずといったところ。
あまり横幅が長すぎても吸い込めないんで
これ自体がスライド移動して吸い込めるようにするとか工夫が必要かも。

これを各所、手の届きにくいベッドの奥などに設置して
アウトレット側のホースと掃除機のノズルと適時接続させてスライド移動させつつ
入り込んだホコリなどをある程度吸い込ませるとか。

その辺が理想的なビジョンかな。の話。
できなくはないと思う。
ホース部分はステンレスパイプとかもう少し考えても良い。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工部屋関連 comments(0) trackbacks(0)
ケーブルピッカー
粉塵や木屑が落ちてる床を掃除する際、電源ケーブル類が這っていると
ケーブルの下にゴミが逃げ込むなどなかなか上手く掃除できないことがあります。
いちいちケーブルを摘み上げるのも場合によっては面倒なことも。

そこでケーブル類を地面から引き上げるケーブルピッカーを製作。
↑長さ約900mm程の適当な棒状端材にヨーオレねじ(L字フック)を
角度を付けてねじ込んだだけの簡単な構造。

↑例えばこのようにケーブルの下・ケーブルの向こう側にゴミが溜まってる場合、
フック部分をケーブルの下から潜らせて引っ掛けるように持ち上げ
※ヨーオレネジが小さすぎるとケーブルを取りこぼしてしまうので
 ちょっと大き目のヨーオレを使用。
ケーブルが浮いたところを
ササっと掃き掃除なりで掃き取る・吸い取るという寸法。

木工部屋では粉塵や木屑が対象ですが
他の部屋だと猫毛がケーブル付近に溜まる傾向なのでそういった場面にも使えそうです。

出来うる工夫があるとすれば
格納時にはホウキなりコンビになる掃除道具と一体化できるようにするとかか。

ケーブルが這わないルームデザインに出来ればいいけどなかなかそうはね…。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工部屋関連 comments(0) trackbacks(0)
装甲柱
木工部屋の配置換えやテーブルソー2号のメンテナンスとか。
まるで映画版トランスフォーマーの如く、パッと見解らないディテールになってる
テーブルソー2号フロント部分。
これでも便利にはなってる…んです。
なんだかんだでテーブルソー天板の上で組み立てたりするもんで
そういったそれ用工具が出し入れしやすいスロットが欲しい。
じゃぁ付けちゃえ。
と実験的に設置してみた臨時工具スロット。
こんな感じに一通り、組立もしくは分解に必要であろう工具が刺さってます。
暫くはこれで様子見。

テーブルソー2号の配置を90°左方向に転換したことで
本来、木材を長く置く設計の右側方面が広く空いたこと
(今まではカービングエリアが障害になってた)、
左側壁面収納が近くになってバンドソーが取り回しし易くなったり等々
いろいろ便利になったんですが
柱部分も引っ掛け収納なり有効面積として扱いたい。
でも元の柱部分(赤茶部分)に傷をつけるのは少々気が引ける。
なので
柱本体を覆うように(抱き付くように)2x6材を設置して
言うなれば装甲柱に仕立ててます。
塗装は試作ORTWAX/Cによるワックス処理。

抱きつき固定なんで接着剤もネジ釘も柱本体には施してませんが
しっかり固定されてて外れません。

今後はこの装甲柱の上に思う存分、接着剤でもネジ釘でも打って
棚をつけるも良し、フックを取り付けるも良し。と
やりたい放題の寸法。
まず取り付けてみたダイダスタ(集塵機)リモコンボックス。

今までは集塵機のリモコンが携行できる便利さの反面、
いちいちリモコンを手にとって受光部に向けてのオンオフや、
天板から落ちたりどっかに転がって隠れたりする煩わしさもありましたが
テーブルソーの配置換えに伴ってリモコン受光部の位置的にも丁度良く、
ボックス(定位置)内に収納することでボタンが押し易くなりました。

勿論、従来通り外して携行することも可能なので
シチュエーションに合わせて便利に扱えます。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工部屋関連 comments(0) -
天井塗装:2
木工部屋天井の2度塗り作業。

塗料の説明には「1回塗り」とあるけど
下地の目透かし天井の白木色?がムラっぽく浮き出てる箇所とかどうしても出てくる。
8畳間の部屋に8畳用の塗料なんで節約しつつの2度塗り。

少し足りないくらいのギリギリ具合でどうにか2度塗りは完了。

やっぱり2度塗りすると下地の隠蔽性が増して綺麗に仕上がる。

これでいちおう天井塗装は完了。
とても良い感じに仕上がりました。



この塗料、思ってたより色味も発色も良いので他の木工品にも使えるかも。

しかし
角度的に左肩と首を酷使したと言うか…明日明後日が怖いわ;;w

※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工部屋関連 comments(0) -
天井塗装
木工部屋の目透かし天井(茶系)↓を白系で塗装してみます。

砂壁を練り漆喰(白)で塗装したことで室内が明るくなった感じがするんで
続いて天井も白くしてみようかと。

今回使ってみるのは
アサヒペンの水性塗料インテリアカラー(ミルキーホワイト)。

液ダレが起こりにくいペイントローラーで塗装するにしても
しぶきが飛ぶ可能性があるので全面的にビニル養生シートを展開。
折角完成したテーブルソーが汚れたらたまらんしね;

なんか部屋中が蜘蛛の巣みたいにw

塗り幅180mmのペイントローラー+延長ジョイント1200mmでの塗装なんで
高い箇所の塗装も割かし楽。
殆ど感じなかったけど、目に見えない大きさのしぶきは飛んでたようで
養生しておいた甲斐はあった様子。

ローラー塗りが結構楽で2時間ほどで下塗りが完了。
色ノリが思ったよりも良く、この段階でも大分白く仕上がってる。
隙間もいちおう塗ってます。

若干ムラになってる箇所もあるけど
2度塗りすればしっかりした色合いになるかと。
メイン照明なペンダントライトを消して
間接照明(電球型蛍光灯x4灯)のみにしてみると
明らかに以前よりも明るくなってる。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工部屋関連 comments(0) -
| 1/6 | >>