ORTAS-MKNK
blank blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
変種?唐辛子栽培
去年収穫した赤唐辛子から種を採種〜育苗したものの中に
実のなり方が通常の唐辛子と違うものが2つ出来てました。

↑普通の唐辛子はこう密集して上向きになるはずなのに

変種A:密集しておらず間隔をあけて節毎に下向きに実がなる感じ。
唐辛子に比べて若干肉厚で見た感じではハラペーニョのちっさいのに見える。
枝のつき方もそっくり。
(種は唐辛子から直に採種・個別包装したものなので違う種が混入したとは考え難い)
上を向こうとしてる辺りは唐辛子的。

ハラペーニョと唐辛子とでの実のなり方の大まかなイメージ。
唐辛子は上向きで細い+密集する。
ハラペーニョは下向きで太い+間隔があいてる。

変種B:普通の唐辛子に近い見た目だけど少し長くて
これも間隔をあけて節毎に下向きに実がなってる。

比較画像:左から変種B/変種A/唐辛子/ハラペーニョ

AもBも色艶はハラペーニョと同じで濃い緑で充分成長したピークに見えるが
形状そのもの(凹みの付きかたなど)は唐辛子に限りなく近い。

下向きに実がなる唐辛子も品種としてはあるけど
上向きに実がなる品種の種を使ってるので…

となれば自分の舌で確認してみるしかない。

1:種綿部分を切除して直に舐めて確認。
↑A 小さいせいか種が少ない。種自体はハラペーニョの大きさに似てる。
(※普通ハラペーニョの種はピーマンのような付きかたをする)

綿の部分を舐めるとハラペーニョぽい瞬時に伝わってくる尖った刺激の辛さ。
気候のせいか普通のハラペーニョの綿よりも辛い感じがする。
実を切った時点でハラペーニョぽい青臭い匂いが漂う。

ちなみに普通の唐辛子の未熟な青い状態ではあまり辛味がない。色も薄緑。

↑B
綿の部分を舐めると殆ど辛味が無く薄っすら。と思って噛んでみたら
鼻水垂れるほどの辛さがきた。
種は唐辛子のものと似てる。

どうもAとBはかなり近い間柄だけど別種に思える。


2:ABとも別にオリーブオイルとニンニクで炒めて食べて確認。

味はどちらも似ていて綿を取り除いたことと熱調理で
過度な辛さはとんでて食べやすくなってる辺りハラペーニョぽい。

一方、唐辛子に熱を加えることでよくある
肉の厚みが薄っぺらくなって後からくる苦味みたいのもある。
辛味成分が馴染んでるはずのオイルもあまり辛くない。

辛味の伝わり方はハラペーニョぽい鋭さで食感や後からくる風味(苦味)は唐辛子。


:統括:
あり得る話か知らないけど
唐辛子とハラペーニョの混種を作ってしまったのかも。
(或いはBはレッドシューティングスターとの混種か)


とりあえず種は採取したので
来年も機会があればAB共、育ててみようかと思います。

※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
栽培・調理系 comments(0) trackbacks(0)
栽培部門2012-0929
台風が迫ってることもあってトマト類は撤去して
まだ収穫できるものは収穫。
台風後にどれだけ倒れずにいるか…。
試しに掘ったサツマイモ少ないわ小さいわ…
唐辛子も消費が追いつかないくらいに豊作。
レッドシューティングスターの収穫も控えてて量的に1年賄えそう。
収穫を放置してたら巨大化してたハラペーニョがちらほら。(画像左端のが標準サイズ)
左端のはハバネロオレンジ。
他、赤いのはブートジョロキアとして育ててた…どう見てもハバネロレッドなんですがw
種はブートジョロキアのはずだったのに…あ、あれ?

ハバネロレッドも種から栽培してたけど、どこでどう取り違えたのか それとも…。

ともあえジョロキア栽培は今年も失敗。
ハバネロも不十分な出来栄えだけど
去年の例で11月に収穫したのもあるからまだ望みが無いわけではないかな。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
栽培・調理系 comments(0) trackbacks(0)
ゴーヤカーテンと種取り
例年に比べると実のなりが遅かったゴーヤも
ここにきて次々にぶらんぶらんなって消費が追いつかない始末w
やっぱりグリーンカーテンにはゴーヤが一番手軽でいいね。
3年試してるけど病害虫知らずで縦横広範囲に茂ってくれるし
葉に触れると漂ってくる苦い香りも
細く這うツルも可愛らしくて好きです。

油断すると黄色くなって破裂しますが
種を取っておけば来年また栽培できます。
黄色いゴーヤは食べられないことはないけど味がしない感じなんで
我が家では来年用の種取りに役立てます。

赤いゼリー状?の中に種が入ってて赤い部分はいちおう甘い部類で食べられます。
種自体も炒って殻を割って中身を食べるとか通な味わい方もあるようで。

食べる以外で種を取る際には
こぼれない量の種を手の中で揉むようにで握りつぶしながら
水に晒していくと
割と簡単に赤い部分を除去させられます。
このくらいの色形の種なら発芽率は高いと思います。(8~9割?)
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
栽培・調理系 comments(0) trackbacks(0)
オルタ畑の新作瓶詰め食品
今年も豊作に恵まれたオルタ畑。
収穫物を傷ませないうちに順次保存調理してます。
ニンニクのオイル漬け。
大量に収穫したニンニクも放っとくと芽が伸びるからね。
元々オイルと一緒に調理することが殆どだから都合が良い。
唐辛子ソース(俗に言うタバスコ)。
せっかくの生唐辛子を乾燥させないうちに。
2~6週間ほどで熟成するそうな。
ハラペーニョソース(ハラペーニョのタバスコ)。
ケチャップソース。
今年豊作だったトマトの保存調理で新たなヒット作になったのがこれ。
ワインビネガーで少し酸味強め+ピリ辛な仕上がりでサルサソースに近い。
これで作るオムライスは絶品。
青ジソのジェノベーゼ。
バジルのジェノベーゼと同じ感じに使えるけどバジルのがやっぱいいかな。

前のミキサーが壊れて新しいジューサーを購入したけど、これ結構いいかも。
ケチャップ作りではトマト1kg以上使うから1L入る辺りが特に良い。

底の部分もバラせるんで洗浄が便利なのは良いんだけど
酸味や辛味の食材も使うからかなり念入りに洗浄しないと
バナナジュースが何か青臭い(ハラペーニョ)とか少し辛い?
とか、なりかねないw

去年、プリン食べてたら何かピリピリする…よもや食品に何か変なものが!
と思ったら使ってたスプーンがハバネロソース作りに使ったスプーン(当然洗浄済み)で
辛味が残ってた。なんてのもあったからね。

以後、我が家では辛い食材を扱うスプーンは決まってます。

※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
栽培・調理系 comments(0) trackbacks(0)
栽培部門2012-0805
今年の栽培は割と順調な印象。
なんですがゴーヤの成長がどうも遅い。
例年なら、かなり採れてる時期だけど…3世代目だから?
栽培用支柱とワイヤーで作り直したパーゴラもどき(去年は台風で倒壊)に
ツルを這わせていちおうカーテン化し始めてはいます。

例年になく豊作なのがトマト。
ジャングル化してます。
大きすぎるでもなく小さすぎるでもなく段で鈴生りに実ってます。
品種はセドリコ(F1種から)と桃太郎(苗から)、アイコ(ミニトマト苗から)の3種。
数量的にはセドリコが圧倒。
中にはこんな大きいのも。

トマトと言えば脇芽。
適時摘心していきますが脇芽を挿し木にして倍の倍栽培に挑戦。
適応したものはそのまま根を張って成長しますが目に見えて収穫量が倍ってほどでもなく。
↑かと言って実ってないわけでもなく。予備的な形で期待してます。

今年は失敗しない作物をに的を絞って育てる方針。
↑恒例のハラペーニョ。発注した種から育ててます。
なかなかの大きさ。
↑唐辛子系なら失敗しないだろうと
今年初挑戦のタイの唐辛子品種「レッドシューティングスター」
まだ赤くなってませんがこの大きさ!
↑普通の唐辛子は新しい苗を少々。その他自栽三世代目(F3)の種から栽培のが複数。
唐辛子はF3でも問題なく育つ様子。
↑育ちはするも熟成収穫までには至らないでいる
ブートジョロキアを懲りずに栽培してます。
今回は発注した種からの栽培でひとまず実がなるとこまでは確認。
赤く熟成するとこまではいけるかどうか。
その他バジルやハバネロ。
ハバネロの育ちが遅くて今年は収穫できないかもしれない予感。
↑今日の収穫分。
消費が追いつかないこともあるんで傷まない内に保存もしてかないと。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
栽培・調理系 comments(0) trackbacks(0)
| 1/17 | >>