ORTAS-MKNK
blank blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
1.3L水耕栽培ユニット製作
10Lポリバケツがもう1個あるんで10L水耕栽培ユニットに改造するのと
並行で別の水耕栽培ユニット製作も。

100均ショップで見つけてきたピッチャー(実用容量1.3L)を利用します。
正直、見た感じより作りとしてはかなり残念な意味で###で、
もしピッチャーとして冷蔵庫に入ってたら(予備としても)多分トラウマの元になるw
けど、水耕栽培ユニットとしてなら…

径68mmホールソーで穴あけして

ハンダゴテで根通し+給水用の穴あけをした100均270mlプラカップを挿入して完成。

えーと 穴開けただけだ;w

注ぎ口にあたる箇所にエアチューブを通すと丁度良い。
このままでは直射日光で内面や根に藻が生えかねないんで
後々アルミホイルなりでシェード処理すると良さそう。

試しにホムセンで購入してきたマクワウリの苗をセットしてみる。
エアレーション(酸素補給)+非循環型の養液継ぎ足し式。

1.3Lサイズはプラカップ比較で言えばかなりの大容量。
2Lペットボトルを改造してよく作られる水耕栽培ユニットとはほぼ同じ容量だと思う。
10Lサイズには及ぶまでも無いがサイズ的には少スペースで済む感じか。
このサイズで完結できる植物(ハーブ類とか)もあると思うんで選べば充分使えそう。

このユニットの注意点としては
フタが形状的に盛り上がってる分、スポンジと水面の間に2~3cmほど空間が出来る点で
ある程度根の伸びてる苗でないと養液に届かず吸えない。

持ち手があるんで何か柵とかの縁にフック的に引っ掛けるとかも出来そう。
(それが出来るなら、それがメリットのユニットになりそう)
とりあえずマクワウリの成長で使い勝手を見てみます。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工:水耕栽培カップホルダー comments(0) -
水耕栽培カップホルダー製作:2
試作品2号の製作。
エアチューブ通行穴を前列のみでなく後列にも追加したことで
エアチューブの通し方にバリエーションが持たせられるように。

耐水塗装もしてみました。
(アサヒペンガーデン用カラー・レッドオーク+BRIWAXチーク)
素のMDF材に見られる吸水性の高そうな表面から(実際良く吸うw)
程よく水分を弾きそうな微ツヤのある質感となっておりますw
※撥水効果はありますが完全防水ではありません

背面。
使用素材は現状MDF材(天地)とSPF材(側面背面)

ブクブク簡易水耕栽培キット挿入例。

塗装したことで大分大人っぽいと言うかクラシック(暗め?)な印象にw
うちの猫ズ対応大型木棚(マホガニ系)には丁度良い感じに合います。

100均製かLEDかの何かでバックライト的な演出も良いかも?
電源供給式?電池式?ソーラーパネル式?なんか面倒いな;

ちなみに大型にあたる100均プラカップ類を3つ挿入するとこんな感じ。
・透明プラスチックカップ420ml(5個入り)
・特大ビールカップ570ml(5個入り)
両脇共干渉することなく挿入できるんで多少根が張った物用としても対応可。

発見してるプラカップ類では現状最大級な
特大ビールカップ570mlも挿入できますが径の都合上、若干浮きます。

カップ含め植物の背が高くなるほど前後に倒れやすくもなるんで
ホルダー同士を繋ぐジョインタか安定板みたいのも作っておくべきか。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工:水耕栽培カップホルダー comments(0) -
オ式簡易水耕栽培キットの作り方
大苗クラスまでなら少なくとも使えるのではないかと期待している
簡易水耕栽培キットの作り方について紹介してみようかと。

100均ショップで入手できるもので完結できます。

こういった自分で長さを決めれる長スポンジも100均で売ってるのでオススメ。

まずはハサミで正方形にカット。多少アバウトでも可。

次にスポンジのハード面をカッターで切除しますが

少し刃を長めに出して力を入れすぎず刃で切るような感じで下ろしていきながら
スポンジを回転させていけば割とスムーズに切除できます。

多少切除面が波打ってると思うんで下面にでもしましょうw

次に苗を挟む役割の切込みを入れます。
コツとしては刃を入れる時、スポンジをつまむようにして
最初だけキュキュっと少し力を入れて切り込むと

後は滑らせるようにスムーズに切り込めます。
(つまんでる指を切らないように注意)
1苗専用ならこれでok。

1~3苗対応にするなら

更に2つの角に切込みを入れて
このように三方向から線が走ってればok。
角度や長さはある程度アバウトで良いんですが
切り込み線を深く入れすぎるとパージ(パーツ分割)してしまうんで注意。

後は苗の根の部分を挟まない程度の位置で挟んでベースの完成。
多少は土が付いてても良し。

3苗対応ならこのように。
ちなみに画像はトマトの若苗。

水、または養液(ハイポネックスや水耕栽培用の養液)をプラカップに入れて

ベースを押し込めば簡易水耕栽培キットの出来上がり。
光の加減によってはスポンジや養液の色が綺麗に反射します。

養液を入れすぎると溢れるので少し浅めに入れて
スポンジの脇から養液を注入する感じに調整すると良い。
培養土ポットと比べるとかなり簡単且つ低コストで作れます。

勿論、一輪挿しやポトス、アイビー等の観葉植物にも応用が効くとは思うけど
そういったオシャレ系のはちゃんとした容器を使うのがいいと思うw

スポンジの隙間に差し込むようにブクブクチューブを通せば
エアレーション式(酸素供給)になります。
葉の部分は二酸化炭素を吸収するけど、根の部分は酸素を必要とするそうな。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工:水耕栽培カップホルダー comments(0) -
水耕栽培カップホルダー製作
100均プラカップ類によるブクブク簡易水耕栽培はなかなか面白そうなんですが
数多く設置すると猫ズや地震などによる転倒が激しく恐怖;

そこで作ってみました。

ノ  「水耕栽培カップホルダー」

100均プラカップ類を穴の部分に挿入して安定感を向上させて
簡単には転倒させにくくするホルダーボックスのこと。とでも言いましょうか。

幅300x高98x奥100/mmの3穴仕様(屋内用)。
ちなみに↑画像のは試作品でまだ耐水塗装等はしてません。

ホルダー穴は径68mmで。
この口径は画像のように270mlカップを始め、
各種プラカップサイズにも対応できるサイズ。
養液を満たした水耕栽培以外にも培養土をいれたカップ栽培にもいちおう対応。
(耐水塗装の予定だけど完全防水ではないんで
 カップ栽培の底に水捌け穴がある場合は別途水受け皿が必要)

背板があるので窓側に向けることで
直射日光による藻の繁殖をある程度は抑止することが見込めます。
また背板による空間ができることにより、
秋冬など寒い季節の窓際設置でも養液が冷え込むのを多少は抑止できるかなと。
多少は。ねw

ブクブクチューブも通せる径6mm穴も各所に設置。

画像左から
・透明プラスチックカップ270ml
・デリカカップ丸型120ml
・ファミリーレジャーペーパーカップ(大)270ml
水耕栽培以外にもパーティ時のドリンクホルダーやスナックホルダー等々
マルチに使用できますw

カップ麺カップにもなんとか対応?

底部分をガッチリホールドしてはいるけどちょと苦しいかw

更には径45mmカップに対応するアダプタも製作。

このように乗せるようにはめ込めて

発芽用に便利そうな
・ファミリーレジャーミニ紙カップ75ml
にも対応できます。

底面に滑り止めゴムみたいのを付けておくのも良いかも。
それらの微調整も含めてで完成仕様になった暁には
量産可能なサイズにはしてるんで販売計画も検討中。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工:水耕栽培カップホルダー comments(0) -
| 1/1 |