ORTAS-MKNK
blank blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
MDFカービング:オタマジャクシ2
足つきオタマジャクシを製作。
後ろ足2本生えてます。
塗装はGF・エスプレッソにバフ掛けと耐水ペーパーによる磨き。
これでなんとなく錆付いた感じに見える。

ちなみに
この上に更にORTWAX/Cをかけて磨くと
↑このように落ち着いた色味になって黒糖のようなしっとり感漂う微ツヤが加わる。
足が生え始め(成体に近づいてる)に合わせて顔も少し険しめに。
正直、後ろ足のディテールが難しい。別パーツだと楽なんだけど…。
腹にネオジム磁石埋め込んでるので
鉄板などのメタルエリアに磁着します。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工系:MDFカービング comments(0) -
MDFカ−ビング:オタマジャクシ
久しぶりのMDFカービングでオタマジャクシを製作。
塗装はGF・エスプレッソ+ORTWAX/C(自家製蜜蝋ワックス)
ざらつきと微ツヤが良い塩梅で混在してて
黒糖のような或いは錆付いた感じのようにも見える渋めの風合いになってます。

半分イメージで作ってるので若干「あれ?」な部分もあるにはありますが
ギリでオタマジャクシに見える形状かと。
両生類に見られる平たい尾びれみたいな尻尾、良いですよね。
例によって腹部にネオジム磁石が埋め込んであるので
鉄板などメタルエリアに磁着します。

とりあえずこんなところ。
目を入れるとどう変わるかとか、足付きも作りたいところ。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工系:MDFカービング comments(0) -
木ゲッコーに磁石
先日色塗りした木ゲッコーの腹に磁石を埋め込みます。

磁石には100均マグネットバーに使われているネオジウム(ネオジム)磁石を使います。
ペンチとペンチで挟んで割ると簡単に取り出せます。
(※もし真似される場合、破片の飛散に注意してください)
このネオジウム磁石は径6x長6/mm。

100均で扱ってる磁石類の中では恐らく最も強力な磁力で
¥100で6mmサイズのネオジウム磁石が2個はかなりお安い方かと。

径6mmのドリルで穴あけをして
木工用瞬間接着剤を流し込んでから磁石を埋め込んで完成。
強力な磁石なのでしっかり引っ付きます。
ネジ隠しにも使えますw
見方を変えればネジ皿だけでも露出していれば強力な磁力で張り付くので
メモクリップとしても充分使えます。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工系:MDFカービング comments(0) -
木ゲッコーに塗装
ぬめっと一見それっぽく見えませんか。
遠めに見ればギョっとする人は多いはず。

↓素のMDF状態で放置してた木ゲッコーに塗装処理してみました。
GF・エスプレッソ+サンディングシーラー2度塗り+クリアラッカースプレー
のテカテカカチコチ耐水耐油塗り。
いかにもな塗膜形成によるツヤだけど、この場合はむしろ良いのかな。
別にリアル志向と言うわけでもないんですが
元がザラザラなMDF表面を綺麗に潰して
両生類的なしっとりぬめっとした質感になってます。

腹の裏に小型磁石でも埋め込ん冷蔵庫に貼り付けられるようにしたいところ。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工系:MDFカービング comments(0) -
木猫神(白)に塗装
補修に併せて永らく白木状態だった木猫神(白)に
サンディングシーラーを塗装してサンディングしてみました。
もともと額を中心に顔面全体の木密度が粗くアバタ面みたいな感じでしたが
厚めにサンディングシーラーをぼってり塗ってサンディングしたところ
綺麗な面になって肌触りも全体的に硬質なスベスベ感に変化。
鈍い感じの自然な微ツヤが良い感じ。
ですがこれの上にラッカーなりトップコート仕上げは必要そう。
↑塗装前(SPF材白木)
↓サンディングシーラー塗装+サンディング処理
とことん繰り返せば、鏡面仕上げな芸術品クラスになると確信。
どの角度から光を受けても
滑らかな面反射が演出できるようになった感じ。

極僅かに狐色になってる感もありますがしつこくない程度。

トップコートを均一に塗布できるような
エアーコンプレッサー+エアブラシとか欲しくなってくるな。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工系:MDFカービング comments(0) -
| 1/7 | >>