ORTAS-MKNK
blank blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
ウッドメカニカルアーム製作:2
地震で猫ズ対応大型木棚からずり落ちて破損してた猫用プチステップを補修。
端材を敷き詰めてさも意味ありげなモザイク天板に。
いや、意味なんて特にないんですけどね。
また地震があった時にまた同じように落ちて破損するんでは能がないんで
2箇所ネジ釘留め。

ちゃぼにゃんもんがよく寝床にしてるダンボールとの間に置いておくと
登りやすいらしいプチステップ。
端材の種類や凹凸を楽しんでくれれば良いんだけど…。

ちゃぼにゃんもん:…え……気づかなかった…

(´;ω;`)


話は変わって
ウッドメカニカルアーム製作の続き。
ハンドルータの固定がいまいちだったのでベースを作って針金で固定し直し。
ラジオペンチ使って端の部分を巻いて丸み処理。
いちおう内側に100均滑り止めマットを二重に敷いて緩衝材紛いに。
針金を裏側から通しての固定なのでしっかりした縛り固定。
しかし、こうしちゃうとハンドルータ本体を持っての切削作業は出来ないな;
フレキシブルシャフト仕様一択。
ハンドルータを固定したベースをアーム側と接続固定。
もう一方のアームには
別のオレンジハンドルータを引っ掛け固定できるようにして天井に接続。
2本展開状態で並ぶとそれとなく迫力がw
収納形態。うん、使わない時はこうすることで他の作業時に煩わしくないので大変宜しい。

ついでにと言うか、ホットグルーガンやハンダゴテも格納できたら便利そうかな。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工:ウッドメカニカルアーム製作 comments(0) -
ウッドメカニカルアーム製作
余震にビクビクしながら一夜を過ごしましたが
どうにか収まり始めたようなんで
木工部屋の整理も最低限して作業再開。

生来初めてとも言える震度6を経験して
ストレージボトルラックやジップパックハンガーラックなど
壁掛け固定収納等の方法に関して
図らずもその有用性を知ることとなりました。

これらは固定方法故に震度6くらいなら余裕で落ちない。

しかし、その他の普通に置いてるだけの物は当然横に揺れて揺れて落ちる。
辺なり面なりを少しでもキャッチ&ホールドするような工夫が棚側にあれば
最低限は防げるかもしれないけど…

と、今後の収納系課題になりそうです。

話は変わって
取り回しを意識して宙吊り状態にしてた
ハンドルータですが
使いやすいことには使いやすいんだけど
使わない時に何かを取る動作で
しゃがんだりするとビットが髪に引っかかって、ててててt
みたいになることも少なからずあったんで
(地震の時にはぶらんぶらん揺れるのもアレだしで)

「必要なとき不必要なとき」に応じて形態を変化させる
ウッドメカニカルアーム」を製作。

ほら、こういうイメージのロボット工作台みたいなのに付いてそうな。

材料は地震前に切り出しておいたので組み立てだけ。
いちおう1対(2つ)分用意。
↑収納形態
↑アーム展開形態
 こんな感じに開ききらない角度で可動します。

ハンドルータを取り付けて元押入れ空間天井にセット。
根元がスイング可動するので使わない時には奥側に隠せます。
「真鍮アオリ止め」でアームを引っ掛けば収納形態として固定される。
アオリ止めを外すと一気に展開。

白ゴム紐は実験段階のものだけど
展開する際、重みで一気に展開して間接を破損させないよう
クッション的に吸収させるのが目的。
言わば筋肉みたいな感じ。

ハンドルータ本体に接続させてあるフレキシブルシャフトを収納させるフック付き。
従来だとフレキシブルシャフトがぷらんぷらんするのが一番の困りものだったのが
これで充分固定できる。
ハンドルータの固定はまだ適当な段階で
とりあえず針金で固定。

これでも外れたり落ちたりはしないので充分かもしれない
…けど、少々不恰好なんで追々なんとかしよう。

まだまだ調整は必要だけど使えそうではあるかな。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工:ウッドメカニカルアーム製作 comments(0) -
| 1/1 |