ORTAS-MKNK
blank blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
ティーライトキャンドルスタンドDX試作
ティーライトキャンドルスタンドにアンダーパーツが付いた
DXタイプ(デラックス)も試作してみました。

下部分が分厚くなってますが
展開式で予備のティーキャンドル2個とジッポーライター用のフリント(火打石)や
マッチ棒がストック出来ます。
マッチ棒こするポイントa
マッチ棒こするポイントb
実際にはこするポイントが必要無いロウマッチ(アメリカンマッチ)とかのが良さそう。
マグネットプレートが側面に貼られてるので
鉄板などに横張りできます。
壁面素材によっては本体の磁着により縦方向への配置も可能に。
横張り状態でスイング展開することも可。燃え移りが怖い場合には便利なはず。
あまり展開しすぎると重みで倒れ落ち易くなるので
このくらいまでの展開が理想的。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工:ロウソク立て・オイルランプ製作 comments(0) -
ティーライトキャンドルスタンド試作
以前作ったジッポーライタースタンドの改良版の
試作ティーライトキャンドルスタンド。

ORTAS-MKNK特有の便利形状、バンクハンドル付き
丸穴段差にティーキャンドルをはめ込む感じですが
ネオジム磁石が埋め込んであるので
ティーキャンドルの芯材の重し部分(鉄)が磁着します。
芯材が磁着することでこのように傾けても
(蝋は零れたとしても)火種が落ちる心配はありません。

ジッポーライターも磁着するのでジッポーライタースタンドとしても使える
コンパチタイプです。
両脇のネオジム磁石を埋め込んだクリンチパーツで挟むように展開、
ジッポーライターに磁着させることで固定としての具合がよくなり
振り回しても簡単には外れなくなります。
勿論このように傾けても大丈夫です。

ジッポーライタースタンド(奥)と比較。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工:ロウソク立て・オイルランプ製作 comments(0) -
4時間使いきりロウソク
※このブログを参考にされる場合、火の取り扱いにはくれぐれも御注意ください。

計画停電は4月いっぱいで終了ね。 って言ったけどあれは嘘だ
なんてことになりそうな予感満載な計画停電。
勿論、多少の節電で電気が常時使えるならそれに越したことはありません
節電が功を成してるのも季節柄、春になったから。でもあって怖いのは夏場。
猛暑な季節に定格3時間も停電したら絶対マズイことに…
仮に1時間ローテーションだとしてもどうなんだろう…。
その際は我が家は打ち水でもしよう。

さておき
惰性で、コンパクトで長持ちするロウソクの組み合わせとかあれこれ。

オリーブオイルランプとかジッポーオイルランプとかも便利で良いんですが
中〜長期の保存を考えると酸化や気化とかありそうで心配。
用が無いときの置き場所の問題も出てきます。
その点、ロウソクならば長期保存にも向いてるので
それで融通の効く組み合わせがあればベストなのかも知れません。
ホムセンに行った際に調達してきた
ティーライトキャンドル(50個入)+90mlサイズ小瓶+ノーズガスライト。

ロウソクパニックも落ち着いてきたのかこのロウソクは普通に平積みされてた。
50個入りとなると数量的にもかなり安心。
単純にティーライトキャンドルを小瓶に入れるだけの組み合わせ。
なんですが、この組み合わせは良いようです。
小瓶に入れることで(熱伝導で)ロウが全部液状に溶けるので
無駄なくロウを使い切ります。
(逆に水に浮かべて点灯したやつは外側が冷却されてロウが半分くらい溶け残る感じに)

ただ、便の内側に火を点けたまま点灯できるノーズガスライトのようなものは
あると便利と言うか、ほぼ必須。

小瓶が防風要素や燃え移り防止にもなるので停電時の足元など
各所に数で配置しても良さそう。

ちなみに点灯時間を計ったところ約4時間保ちます。
仮にあった場合の計画停電の際には充分な点灯時間。

ティーライトキャンドルが普通に入手出来る状況ならこれが一番楽なのかも。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工:ロウソク立て・オイルランプ製作 comments(0) -
ロウソク立て非使用時の使い道
本記事とは関係ないけど腰掛木猫の首輪に鈴を装着。
猫用の迷子札に付いてたダブリ鈴を拝借。
光物なアクセントが効いて良い感じかと。

で、ロウソク立ての件。
↑最初に作ったこのロウソク立ては無骨でありながら機能は果たしてる。
と、結構お気に入りではあるんですが
如何せんロウソク立てとして出番が無いときは
小物置きくらいにしかならないってのもなんか勿体無い話。
折角、バンクを外して針隠しに出来る仕組みなんで
バンク穴に穴を開けて、お香を立てられる
「インセンススタンド」とのコンパチと言う扱いにしてみました。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工:ロウソク立て・オイルランプ製作 comments(0) -
ジッポーライタースタンド
タバコを吸う人や、かつて吸ってたけどやめた人にとって
ジッポーライターてのは少なからず馴染みがあるものと思うんです。

※正確にはジッポー社の物も含むオイル式ライターと言うべきでしょうかね。
 ここではジッポーライターで通します。

私も禁煙2~3年目なのに捨てずに(捨てられずに?)持ってたりします。
っても100均のだけどね。
常にどっかの隅っこに置かれてた。

よく80~90年代の映画なんかで

暗い下水道をジッポーライターの灯りを頼りに進んでいく若者達
…底知れぬ暗闇の中を…   え酸欠?なにそれうまいの

みたいなシーンがある訳ですが
実際にジッポーライターを灯りにしようと点けっ放しにしてると…
大体の人は試したことがあるはずですが
とにかく熱くなりますね。火傷するくらいに。
比較的熱くならない蓋の部分を持ち手にしても
進行方向の都合上、やがては熱伝導で持ってられなくなります。
それでも持って歩きたい
なんて場合には蓋を横向きに持つのが通ってもんですが

いやーん熱ついぃー ぽちゃん。
だー!せっかくの灯りがっー
だってー熱いんだもん。やーも爪が傷んじゃったは

なんてシーンがあった映画をなぜか思い浮かべます。

そこで作ってみました。
ジッポーライタースタンド
BRIWAX・チークで塗装。
ジッポーライターの底がいい感じにはまるような溝を掘ってあります。

本来なら電動トリマーで彫りたいところが時間的に難しかったんで
ひとまずホビーノミでの手彫り。
なので見た目は少々アレです。見ないで。

少々きつめにはめ込む感じにしてあります。

ジッポーライターをセットして点灯。
サイズ的に転倒防止を兼ねた直置きのスタンドとしても案心。
普段は置物として置いておけば、さほど煩わしくない存在感。
ジッポーライターとスタンド、それぞれをポケットに差し込んでおくことで
携帯性にも優れます。
当然、持ち運び用としても想定してるので
手元に熱が及ばない距離を確保。
バンク(こぶ)があることで持ち手にもなるし複数の持ち方・捉え方を補助します。
きつめにはめてるので、このように引っくり返しても
とりあえずは落ちません。

これで下水道の中も案心して進めるかもしれません。
チャド(C.H.U.D)の出現については保証いたしかねますw


更に追加で
スタンド部分を木製定規にしてみました。
精度をそこまで求めない範囲のものとして。ですが
スタンド単体でもアバウト定規として使えるし
ジッポーライターとセットならば
暗闇の中でも片手を灯りに奪われること無く
15cmまでの寸法をアバウトに計ることが出来ます。
5cm毎にポインタがあるので目印にし易い。

精度あっての定規であるべきなのは言うまでもありませんが
暗闇などの急場で見知っておきたい時、
灯して計ってがオールインワンになってるのは
取り回し優先として良いんじゃないかなと。

定規の刻印精度を上げれば言うこと無しですな。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工:ロウソク立て・オイルランプ製作 comments(0) -
| 1/4 | >>