ORTAS-MKNK
blank blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
米びつ台
云十年物の古い米びつマシンを解体処分して
小型の物に買い換えたのは良いものの
米びつのトレー底が地に対して5mmなのは
床に直置きするのが気が引けると言うか、周囲に配置される物によっては
なんかこぅ衛生的な面で引っかかりを覚えます。

かと言って高い位置に置けるほどスペース的な余裕は無いので
せめて床から10cmくらい離れてくれてれば…。

はい、そういうわけで
手元にあった端材を使って米びつ台を製作。
そして完成。
側面にOSB材を張ってシールド的な役割にもしてるので
仮に横にゴミ箱が配置されても直接衛生面が脅かされることは無いかと。

いちおう耐水耐油仕様にサンディングシーラー+クリアラッカースプレー処理。
天板上にバッグや買い物袋など、ちょっとした物なら置いておけます。

多分、猫が香箱座りする可能性も大w

天板は外せるので米の入れ替えには問題なし。

先日完成したサブキッチンテーブル下やキッチンカウンターテーブルの下段部分に
格納することもできます。
底側内部にキャスターを取り付けてあるのでスムーズな移動も可。

側面板のOSB材の断面部分(木口)を隠す意味合いで
スライスカットしたSPF材を接着+竹串木釘で貼り付けてあります。
OSB材裏面の表示印刷が出ちゃってるけど…。


ちょっと意識が朦朧としてた。と言うには大袈裟だけど
判断力が妙に鈍ってて、本来ならこの日の作業を止めるべきなんだけど
その中止の判断も出来なかった感じ。
その割にはよくここまで形に出来たな;と。
怪我しないでよかった。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工:サブキッチンテーブル製作 comments(0) -
サブキッチンテーブル製作:16
キッチンカウンターテーブルに「隠れフックバー」を追加。
↑隠れフックバー
キッチンカウンターテーブル左右脚部の外側、上下に2つづつ設置。
「隠れ」の名の通りベベルカットウッドブロックが起き上がってフックになります。
計12個のフックが展開します。
周りに同じ形状のウッドブロックが並んでるので収納時も展開時も全く違和感なし。
隠れフックバーは幾つかの「吊るす」使い方が可能です。
フックにはレジ袋を利用した缶や瓶などの分別ゴミ等を吊るすのにも利用でき
このようなバケツ形状も可。
また、フック部分ではなくバー部分を利用して
キッチンスプレー系を吊るすことも出来ます。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工:サブキッチンテーブル製作 comments(0) -
サブキッチンテーブル製作:15
サブキッチンテーブル横側にある備え付け食器棚前に設置予定の
分離型キッチンカウンターテーブルがひとまず完成。

天板の左右裏側にフックを取り付けるなど
まだ手を加える予定ですが、まぁひとまず。

理想的なフックがなかなか無くて;

↑一体化状態(高850x幅895x奥300/mm)
↑分離状態(上段:高275x幅895x奥300/mm)+(下段:高575x幅820x奥300/mm)

サブキッチンテーブル同様、耐水耐油仕様として
全体的にサンディングシーラー→クリアラッカースプレー処理を済ませました。

色気が足りない思ってたので
装飾パーツとして幅を合わせてベベルカットしたウッドブロックを取り付け。
↓元のこれと比べると
面的な凹凸や陰影が加わったことで
「作り込まれた」感をそれとなく演出できてるのではないかと。
元々の構造的なチープさも視覚的に隠蔽しつつ
良い具合にウッドブロックがドッキングラインになり、
これがあることで前倒れする可能性は激減されて…るはず。

下段に格納する分別ゴミ箱のイメージ。
以前作った地域指定有料ゴミ袋ハンガーをモデルに使いやすいのを検討したいところ。


ちなみにコスト計算してみると(塗料ネジクギ類含まず)
SPF2x4材6フィート(長1820mm)x3 ¥744
+パイン集成材(長910x幅300x厚18mm)x1 ¥980
+OSB材x1(長1820x幅910x厚9mm)x1 ¥1140
 (※OSB材は6分の1サイズ使用 ¥190相当)
=計¥2864(※¥1914)
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工:サブキッチンテーブル製作 comments(0) -
サブキッチンテーブル製作:14
サブキッチンテーブルの設置が完了して
スパイスの置き場を工夫したり全体の調子を確認しながら料理をしたり。
の一方、台所に埋め込み設置されてる食器棚前に
設置予定のキッチンカウンターテーブルの製作を進めてます。
形状的にカウンターテーブルとしてますが
単純に物を置く台のような役割。
とは言え、ちょい色気が足りないような気もするので少し装飾しようかどうしようか。

大きく開いた下段の空間には分別ゴミ箱が入る予定。

食器棚前に設置するとなると食器棚の引き出しが自由に引けなくなります。
なので引き出しが引き出せる高さでカウンターテーブルが分離する仕組み。
現状は脚部にGF・アーリィアメリカン(水性ステイン)塗装と
上下の天板にサンディングシーラー塗装が終わったところ。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工:サブキッチンテーブル製作 comments(0) -
サブキッチンテーブル製作:13
とりあえず台所掃除しながら既に入ってた物をズラシ移動して
サブキッチンテーブルを搬入→組み立ては無事完了しました。
テーブルに併せて周囲もちょいちょい改良するとか整理するとか移動させるとか
はいこれで終わり。てわけではなさそうです。

キッチンワゴン・Rから分離したKW天板の置き場所について。
>まな板のようにテーブルの上に置くのも良いけど置くスペースが無いこともあり得る。
>キッチンワゴン・Lに乗せ換えるのも良いけど邪魔な場合もあり得る。

なんてことが簡単に想像できるので
独立した置き場所が必要だな。つーことで小改良。
KW天板の裏側にMDF材を加工した回転式フック(穴)を設置。
↑フック(穴)収納状態。
↑フック(穴)展開状態。

↑キッチンワゴン・Rのハンドル下の邪魔にならない箇所にフック(凸)を設置。
KW天板をこのように吊るして置けます。
違和感なく自然な感じ。
ちなみにこのフック(凸)は少し上向きに角度が付いてるので
KW天板がズレ落ちたりな心配はまずあり得ません。
普段は鍋掴みをぶら下げておくのに丁度良さそう。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工:サブキッチンテーブル製作 comments(0) -
| 1/4 | >>