ORTAS-MKNK
blank blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
多用途ストッカー同士の縦方向接続
前々から多用途ストッカー同士を縦方向に理想的に繋げるにはどうしたら良いか。
これについて考えてましたが
良い案が浮かんでたので実験してみたら
なかなか良い感触を得られました。

以下、端材での実験。
多用途ストッカー同士の接続の条件として
下側には定位置二箇所のコーススレッド、
上側にはワイヤー用の径9mm穴があり、これらに変更・干渉せずに接続できること。

で、あれこれ思案した結果、

ポケットホールジョイント治具によるシンプルな接続方法に行き着きました。
↑このポケットホールジョイント治具を利用。
3/8インチ(約9.6mm)の穴を約15°方向にあけます。

本来は少し違う使い方なんですがここでは割愛。

↑下側にあたる箇所におけるコーススレッドとの位置関係は
干渉することなく回避できてます。
上側部分のワイヤー穴に関しても角度的に問題なし。
ジョインタには径9mm丸棒を使用。
先端にはネジ釘(鉄)を打ち込んであります。

3/8インチ(約9.6mm)丸棒だとキツキツに刺さって抜けなくなるので
少し緩めになる径9mm。
この緩めが木材の幅などによる誤差を飲み込んでくれるはずです。
(※実際、今回使った2つの木材の幅は2mmほど違いがあります)
↑逆ハの字に刺さることで持ち上げても簡単には外れません。
(少し緩めの9mm棒なので揺れはしますが)
緊急時には針や工具で引き釣りだせるように
少しジョインタを露出させてますが
基本的には緩いのでジョインタ先端のネジ釘部分に
ネオジム磁石を磁着させて引き釣り出して解体できます。

強度的には不安があるけど
この方法でいけるんじゃないかな。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工:多用途ストッカー comments(0) trackbacks(0)
多用途ストッカーB/2
自分の用途だけでもあれにもこれにも使えるじゃんと、シンプルな作りな割りに
文字通りのシリーズになるかもしれないと予感してる多用途ストッカーシリーズ。

多用途ストッカーは現状、A~Eの5段階の高さ設定、
1と2の横幅設定の組み合わせで計10種類の形状からなる構成。
こちらは多用途ストッカーのB/2(2段設計)。
ホコリ逃し付き。
↑このB/2サイズの2段構成はミニサイズスプレー類を5~6本格納でき、
2段目には大型スプレーや塗料ビン(細)などを5本程度格納することもできます。
↑また、ラーメン類の格納であれば
カップヌードル型なら6個、カップうどん型なら4個格納出来ます。
保存ビン(中/径80x高さ135mm程度)であれば8本格納可。
カップヌードル型であればそのまま持ち上げて取り出すことも出来る。
↑袋ラーメン型ならメーカー毎にサイズの違いは多少あれど、
大体10~12個格納できます。


↑インスタントコーヒー類であればレギュラーサイズを約8〜10本格納できます。
ラベルを見れる配置にするなら8本。
とにかく詰め込むなら細い面を活かして10本収めることも商品によっては可。
姉達からコーヒー詰め合わせを頂いたもんで
早速B/2ストッカー作って格納してみました。
斜めから取り出せます。

「/2」の横幅なので
 
前回作った箱入りドリルストッカー(C/2)やビットストッカー(A/2)と
上下に合体できる寸法設計。

うん、合体のジョイント関係についてはまだ考えてるとこです。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工:多用途ストッカー comments(0) trackbacks(0)
トリマービット用アイコン作り:2

プリント出力したアイコン群を予備を含め一個一個丁寧にカット。
セロハンテープに表面を貼り付けて折り返しし易いようにテープの四辺をカッティング。
折り返して表面保護完了。
この裏面にやや小さめにかっとした両面テープを貼り付けて
トリマービット横に接着。
似た形状が多く芯に明記されてるわけでもないトリマービット類は
こういうのがあるとやっぱり解りやすい。

トリマービットステーション部分、いちおうの完成。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工:多用途ストッカー comments(0) trackbacks(0)
トリマービット用アイコン作り
OS9とかってゆー古いシステムのMACで作るアイコン作り。
メインで使ってるPCには入ってないんだ。
昔はこういうのよくやったもんだけどいろいろ忘れてる。
トリマービットステーション用に作った切削面図解付きアイコン。(17x17/mmくらい)
情報量としてはこれで充分。

これを上手くデザイン的に貼れるかな?って問題が控えてる。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工:多用途ストッカー comments(0) trackbacks(0)
箱入りドリルストッカー
ビットストッカーの3段目をトリマービットステーションに変更。
手持ちのトリマービットはまだ量的にも少なく小さ目のが殆どなんで全部挿してもまだ余裕。
パっと見でサイズや名称が解らないのもあるんで図解込みのラベルが必要。
だけどそれはまぁ追々。

前回、3段目に格納してた箱入りドリルセット等は
別のストッカー「箱入りドリルストッカー」に格納することに。
これも多用途ストッカー(仮)の規格サイズに準拠した作り。
前回が高さ430mmで幅330mmのA(2)なら
今回のは高さ260mmで幅330mmのC(2)サイズ。
↑ホコリ逃し付き。
箱入りドリルセット等を格納するとかんな感じ。
脇が高いんで収まりは良い感じ。
脚が50mmほど設けてあって
ビットストッカーと合体させた際には
トリマービットの取り出しに余裕のある天井になります。
合体させるのが普通かどうかは不確実なんだけどね。
合体とはいっても今んところ、ただ乗せてるだけなんでダボでの接続なり…
ダボで上手くいけばいいんだけど多少の誤差も有り得るんで
その辺込みでも上手くやれそうば方法を考えてるところ。

※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工:多用途ストッカー comments(0) trackbacks(0)
| 1/2 | >>