ORTAS-MKNK
blank blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
ORTASはレーザーカッターを改造し始めた その6
もし
・レーザーを直視せず
・離れた位置から
・別作業しつつ
レーザーカットの状況を確認できたら便利なのかな。
と、物は試しで格安のウェブカメラで試してみました。


アクリル板で挟むようにしてパンチングメタル穴に鍋ネジを通してボルト固定。


ヘッド移動に邪魔にならない位置に配置。


PC画面で確認するとこのようなアングル。

PC上で加工状況を確認。(夜中)

:追記(2016/03/27):
もう少し上からの視点で、図としてどの箇所を切ってるか確認できるようにしたくて
配置換えを検討。
あれこれ都合の良さそうな設置場所を探して

フロントパネルの空気取り入れスリットに仮設置。
現状の問題点として、
このままだとパンチングメタル加工ベッドを引きづり出す時に干渉しそうなので
また別の設置場所を検討しようか。

M4ボルト(スリットを通るサイズ)とアクリル板を留め具に利用。


画像はこのように狭い範囲とは言え実用範囲内の軌道が解るくらいの位置。
35于幅増加のオープンパネル式に改造してるからこそ設置できたようなもので、
Y440からのX移動で確認したところギリギリでヘッドが干渉しない位置でした。
(販売パッケージのままでは思い切りぶつかると思います)
エアパイプがいつか引っかかりそうな気がして少し怖いけど
この位置(Y440)までくる切断はそうそうないか。
:追記(2016/03/27)ここまで:

メーカー的にはSkype推奨でしたが、ウェブカメラ元のiBUFFALOサポートページにある
AMCap(簡易動作確認用)をダウンロードして
(http://buffalo.jp/download/driver/supply/bsw20km14.html)
「Options」メニューの「Preview」選択でPC上から動作確認してます。
こっちの方がシンプルに扱えるので現状では向いてます。

あくまでも簡易動作確認用のソフトウェアな所為もあって
残像気味な画像として確認できます。
私の場合、動いてるか作業終了してるか、燃えてるか燃えてないか。
が確認ができれば充分なのでひとまずはこれで。


※当記事は追記編集・確認作業含めての事後投稿です。

※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
レーザーカッター comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://ortas.jugem.jp/trackback/1005
<< NEW | TOP | OLD>>