ORTAS-MKNK
blank blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
ORTASはレーザーカッターについて論じ始めた
今回はSmart Laser CO2を

既に扱っている。だが、よく解ってない。
扱い始めたばかりだ。だが、よく解ってない。
扱う予定だけどよく解ってない。だが、よく解ってない。

といった人向けに

原点復帰と


タイミングベルト(プーリー)と

リミットスイッチと

ケーブルキャリアー(蛇みたいなやつ)

の関係について論じていきます。


移動中や切断中、原点に戻る時などに

ガガガガガガ

とモーター側が唸って進まないとか経験ありませんか?
原点復帰したら以前と違う位置に原点がされてるなんて経験ありませんか?
それらは大体修正できます。

ガガガガや原点ズレの原因には下記に因むものが殆どだと思います。

・何らかの原因でリミット位置がずれてる
・タイミングベルトかタイミングプーリーが緩んでる
・タイミングベルトの留めるTナット+ボルト部分がモーター寄りに出すぎてぶつかる
・ケーブルキャリア(蛇みたいなパーツ)が伸びきらない位置で固定されてる
・ケーブルキャリアの可動域が確保されてないとリミットに届かずともガガり得る関係性にある。

まず素のパッケージ完成品のままでは
Y軸方向へは415mmくらいまでしかヘッド移動させられないので
Y440(本来、加工範囲限度の数値)入力でヘッドを移動させると
消炎ブロワの出っ張り部分がぶつかる為、ガガガガっとなります。
これは単純に消炎ブロワと更には第2ミラーマウントの出っ張りを想定していない状態で
ソフトを作ったことからだと推測されます。
改造しない場合はYは415限度なの!と呑み込みましょう。

仮にY420入力でガガガガっとしたのにエラーが出なかった場合は
空転した分、ソフト側がY420まで行ったと5mm分、誤認してる可能性があります。
(0,0)に戻すと原点がその分のY軸-5mmズレを起こします。
※この場合の原点ズレは「原点復帰」で解決します。

Y軸用のケーブルキャリアが奥の方へ伸びきれない位置で固定してると

伸びきれないのでモーターが空転してガガってなることがあり得る。あった。
タイミングベルトやタイミングプーリーの緩み以外で起こる要因としては
このケーブルキャリアの位置設定が適正でないことが考えられるので
適正な位置で固定する(Y軸用では伸びきれるように)ことで解決する可能性があります。

少し可動域を確保すべく↑上画像の接続基部をずらして

左右両方のY軸用ケーブルキャリアの伸びが充分になるように調整しておきましょう。

X軸の場合も同様ですが


ケーブルキャリアが適正に伸びきらないと
右Y軸モーターユニットとぶつかってガガる場合などもあり得る。あった。


この場合も、ケーブルキャリアを載せてるL字アングル(ステー)毎、左へずらして
適正にケーブルキャリアが折り畳まれて
X軸右側へ最大限寄せられるように調整しておきましょう。

この辺のことはオンラインマニュアルにもFAQにもなくて
適正にするべき関係性・関連性に気付くまで、失敗の経験を積みました。

そんなわけで
原点復帰の際にリミットに届いてないのにガガガガってなる場合は、
リミット位置と、このケーブルキャリア位置設定の不適正に因むと
考えると良いでしょう。

指定サイズまで移動させられない、又は原点に戻ろうとしたら
リミットに触れてしまってエラーが出続ける場合、
何れかのリミットの位置設定がきつ過ぎて(手前に出過ぎて)
触れなくてもいいところで触れてしまってることが考えられるので
X0とX600、Y0とY415でリミットが反応しない
適正な位置調整を図りましょう。
(※ギリギリ過ぎると勢いで触れてしまう場合があります)

特にX0方面X軸リミットとY0方面Y軸リミットは原点復帰に関係します。
この辺にずれが生じると原点の位置が変わったりします。
「原点復帰」指示をしてギリギリ過ぎないギリギリの位置で
リミットが触れる位置を把握して丁度よいリミット位置調整が図れれば、
適正な原点復帰をキープできると思います。

何度も原点復帰させると物理的衝突の蓄積で
リミット基部毎ズレる可能性が考えられます。
何もしてないのに原点ズレが起こる場合の原因は恐らくこれだと思います。

ねじロック剤か瞬間接着剤で簡単にはずれないようにしてしまうとか
ある程度防ぐ方法はありそうかな。
(ちなみにねじロック剤では外れにくくはなりますが、ズレない保障は何もありません)
キツキツのネジ穴サイズのリミット用アクリル板を新たに切り抜くってのも
「道具は道具で作る」らしくていいかも?



※当記事は追記編集・確認作業含めての事後投稿です。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
レーザーカッター comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
Comment








> ゆうせーさん

ありがとうございます。
実質的な機能(レーザー出力とか)の部分に手を加えるのは到底無理ですが
枠や固定箇所、オプションの部分は大分いじれそうな気がしてます。
こういった部分は楽しいですね。

寝たきりでもできるかもーと思っての部分は大いにありますが、
実際は付きっきりになりそうです。(負担は少ないんで楽そうですが)
少しづつデータ化して制作物をぽんぽんと出していきたいですね。

ゆうせーさんの木工ブログを拝見しました。
まだ全部読み切れておりませんが、かなりの手練れ(冶具の作り手)のようで。
素晴らしい物作り環境を構築されてて、今後とも参考に熟読させて頂ます。
from. ort | 2016/03/11 22:48 |
読み応えがありました。
一気に読んでしまいました。
レーザーカッターが大物の正体だったんですね。

これらの色々な自己責任?な精度でも、この価格なんですね。
業務用に比べれば百分の一以下の安さで個人所有できるんですから、十分に安いともいえますが、まだまだ試行錯誤の域ですね。

3Dプリンタの方がガスの問題がない分 一気に市場に浸透しましたが
レーザーーカッターも面白そうです。

常時体を動かす必要がない分、PCで設計してGOで作業ができるこの選択はORTASさん向きのチョイスですね。
今後の作品でどんなものが仕上がってくるのか、さらに楽しみになりました!
from. ゆうせー | 2016/03/10 11:03 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://ortas.jugem.jp/trackback/1006
<< NEW | TOP | OLD>>