ORTAS-MKNK
blank blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
4セグメントテーブル製作:14
いよいよ4セグメントテーブルの組み立ても終盤間際か。

天板4枚にホールドダウンクランプ用の穴開けをします。

前に登場した定寸マーキングガイドシートで定間隔マーキング(ポンチング)。

千枚通しでポンチングして解りやすいように赤マジックで点塗り。

ボール盤+径20mmフォスナービットで各所赤点部分を掘り込んでいきます。

対象物が大きすぎるんでボール盤の台下両脇に安定板等を置いて
台自体が傾かないようにしてます。

まずは天板1枚分がこのように穴開け完了。

しかしここで失敗が…。
ホールドダウンクランプの留め具部分が中途半端なところで引っかかってます。
使えない訳ではないけど、これでは使いにくい;
つっても、この種類と違う形状のF字ホールドダウンクランプとかなら普通に使えるかも。

最初の1台は仕方ないとして、
他3台分の穴開け位置を変更。やや内側に20mmずらしての穴開け。

今度はこのように留め具もしっかり収まってます。


ちなみにホールドダウンクランプつーのはこんな。(ベンチクランプとも)
種類形状はいくつかあるようですがテーブル上で対象物をカム固定する役割。


ホールドダウンクランプ穴開けも完了したので
以前作っておいた4セグテーブル専用自動カンナベッドにネジ釘で仮固定して
いよいよ天板の再自動カンナ掛け。

このベッド自体がかなり重いとか木目方向の都合で変に割れたりしたらどうしよう。とか
いろいろと不安はありましたが

結果は…


画像では解り難いんですが、
上手くいきましたw

解りづらいですが、このようにベッドと天板が綺麗に切削されて揃ってます。
自動カンナ特有の「鼻落ち」もベッド側の犠牲天板のおかげで
天板本体には及んでいません。

4台分施して、組み上げ時に見られた微段差は全て解消されフラットな板面に。

ほんと上手くいって良かった;


天板側はほぼ準備が整ったので後は脚部側の続きを…
とりあえず「桟」になるパーツを4台分揃えたところ。
上の画像は簡単にあてがってみたもので取り付け作業は後日。

実験的に自作した木ダボ(径9mm長さ26mm)の残量が
脚部+下駄接続で丁度切れたので再度補充製作。
使いようによっては結構便利そう!と感触を得たんで今回は更に多めに用意。
桟の取り付けにも利用しようかな。と。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工:4セグメントテーブル製作 comments(0) -
スポンサーサイト
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>