ORTAS-MKNK
blank blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
4セグメントテーブル製作:16
もうすぐ、もうすぐでゴールが見えてきそうな気がしてきた。

あ、

ああ…塗装のことを忘れてた。。


新しく導入した
通称:ネジ頭こと、正式名称:誘導ネジ付き木工ドリルでの穴開けがなかなか快適。
今まで使ってた(三叉矛型)ドリルと比べて出口側にバリが出にくくなって
大分綺麗な穴開け加工が実現できるように。
緩いスピードでも掘り進めるのが素敵。

桟と脚部の接続固定に径6mm長80mmボルトで検討してたものから
径8mm長100mmボルトに変更。
径やヘッドが太くなることで細いものより木材を破損させずに
より強い締め付けがやりやすくなります。

強い締め付け目的に桟側に穴を開けて爪付き(鬼目)ナットを
内部に埋め込むようにしてボルトと合流+接続。
更に電動ドリルドライバーで強く締め付けることで
爪付きナットを内側へ締め付け+埋没させて

このような内側(裏側)で固定されるナット仕上げに。

仮組み4台分を並列で並べてみる。

おおお、ついにここまできたか。と言った印象。
いや、感動だw


ロングテーブルぽく並べてみる。

そうそう大分イメージ通り。
って、おや…?


なんだこのはっきり解る「浮き」の部分は…。
材料の全ては直角のはずなのに何故なんだぜ?
本組みすればある程度締まって解消するんでしょうかね。

言い方を変えればそれ以外はガタガタに高低差が出来る訳でもなく
大体高さが揃ってる。とも言える訳で我ながらよくやったな。ともw

とりあえず浮きや不整合になってる箇所の原因を探りつつ
本組み工程に向けて強度補強の方も進めていこうかと思います。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工:4セグメントテーブル製作 comments(0) -
スポンサーサイト
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>