ORTAS-MKNK
blank blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
1F-PCテーブル製作:8
いよいよ梅雨入りしたとかで(低気圧で)絶不調に突入しやしないかとか
木材が歪んだりしないかとか心配事はありますが
動ける限りは動くぞーの方向性で
PCウォールキャビネットの続き。

スリムタイプPCを格納するキャビネット要素としては組みあがったんで
次はパネルにモニタを接続して
ハングさせる(モニタアーム的に宙に浮かせる)仕組みに加工します。
なんでハングパーツ製作の為に現物合わせにモニターを運び込んだものの
いざ現物を前にすると幾つかの問題が浮上。

まず
モニタ組み立ての際、差し込んだ脚パーツが外れない。
この脚パーツが外れないとなると見栄えも悪いし
下部格納のキーボードへの障害にもなる。
PCウォールキャビネットにハング固定するのはよもや断念か…

と半ばあきらめつつも↑の円盤部分を両足で挟んで
背筋測定みたいにモニタの下側から掴んで上に引き上げてみたら
ゴリっと外れたw(解決)

次に浮上したのがハードポイントの問題。

モニターアームの接続用ハードポイントらしきネジ穴が4つ
ロゴマークパネル内にあったのを確認してたんで

サイズを合わせて切り出しておいた円板に
穴あけして径4mmボルトを通して合わせ接続してみる。

この円板がモニターとウォールキャビネット側のパネルとを接続する
橋渡し的なパーツにする予定だったのが

仮接続でどうにもマズイ調子に…。
円板の穴開け位置が合ってるのを確認して一旦ボルトを外そうとすると
一箇所外れないとかボルトの長さが変わって出てきたとかいろいろ発生;

外れなくなった箇所のは完全にボルトが空回りしてて抜けなくなってる。
内部でネジ溝が削れてるか外れてる可能性とか
考えるのも面倒くさい事態。
どうにも外れないんでハードポイントとしては見捨てて
ディスクグラインダーで大まかに切断。

もう一つの問題箇所は普通にボルトが外れたかと思いきや
内部でねじ切れてる始末;

比較すれば解るように短くなった分、内部に残ってるつーことに。
ステンレスなんだけどな…
径4mmなのは間違ってないはずのにどうしてこうなる;

更に浮上したのが
ハードポイント面がフラットでない問題。

画像赤丸箇所が僅かに盛り上がってる。

指で撫でて初めて解る感じの隆起で
内部の構造物がカバーに当たって押し上げてる感じ。
フラットな円板を当てるとその隆起の所為でグラグラしてピッタリ合わさらない。


ほんと微妙な隆起なんで
ディスクグラインダーに多羽根ディスクサンダーをセットして
隆起が埋まるくらいの窪みを削り込んでみることに。

多羽根ディスクサンダーは紙ヤスリが何重にも重なったような構造で
押し当てるとしなるように柔軟に変形して切削研磨できるという
座面彫りなんかにも使える代物。

組み上げれば見えない場所でもあるんで画像のように軽く窪み状に荒削り。
見た目は粗いながらもこれでほぼフラットな合わせができるようになった。(解決)

こういう脳内だけでなく現物で確認しながらでないと解らないこと
って結構あるなーと痛感します。

展開パネルへの固定方法としてはハードポイント4箇所中、片側2箇所のみイキ。
となるといささか保持力としては不安なんで
これらに加えて
板でモニタ縁を上下で挟み込んでモニタを囲むようなのものに設計変更。

で、出来上がってきたのがコレ。
上下の板の額縁のようなL字断面形状でモニタが倒れないように縁を押さえ込む構造。

想定より少々厚ぼったい感じのボリュームになってきたと言うか…
(計23cmくらい前に迫り出してる)

増えた上面面積に猫が無理矢理乗ったりしそうだけどそれも良いかw
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工:PCテーブル製作 comments(0) -
スポンサーサイト
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>