ORTAS-MKNK
blank blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
パネルソー製作:10
リブパネルとベース部分にメジャーをつけたことで位置設定もし易くなって一安心。
かと思いきや、
1x4や2x4材のような細い材を縦にたてかけてリップカット(縦挽き)しようとすると…

直角に立てかけたつもりでも
↑極端に言えばこんな風に
ベースへの接地面が狭すぎて不安定になり易いことから僅かに傾いてズレが生じるとか、
まだまだ工夫や調整が必要な様子。

まずはプリントアウトした幅広メジャーをリブパネル下のリブ(肋骨)部分に
狂いの無いように寸法あわせをしながらの貼り付け。

切断する材の都合上、主に左側(切断する木材の短い方)で位置調整するので
こちらを重点的にメジャー貼り付け。

↑ノコ刃からリブまでの位置にもメジャー貼り付け。
高さ70mmの幅広メジャーなので木材の垂直方向の位置合わせに便利。

かなり神経使って、全段精度の高いメジャー設定にしたので
4段に渡って同じ目盛り位置に木材を合わせれば
限りなく垂直に近い状態で立てかけられることになります。…そのはず。

リブ部分のメジャーに関しては
リブパネルが限りなく垂直に近くなるといったところ。

リブパネルの上にもメジャーを貼り付け。
実際にはリブパネルの上に切断する板を乗せて固定する設定なんで
↑このようにリブ(下)部分のメジャーとリブパネル(上)のメジャーを合わせて
 切断する板をリブパネル上で位置固定して切断する感じ。

解りにくいので言い方を変えてみると、

大判切断の際、切断する木材の端をリブパネルに乗せて
木材とリブパネルをクランプ固定することでブレさせず安定した切断を補助しますが
特に垂直方向の細かい位置合わせが出来ないでいたので
リブ(下のアバラ形状板)部分とリブパネル部分にメジャーを設置。

まずリブ部分メジャーx4箇所で位置合わせしてリブパネル固定。(限りなく垂直に近い)
次にリブパネル上に乗せた木材の端をリブパネルのメジャーで1~4箇所で位置合わせして
クランプ固定すれば木材も限りなく垂直に近くなる。

つまりは、木材の端部と切断線の平行のズレがほぼ無くなる。 はず。
と言った寸断。

言い方変えてみたところで解りにくいな;
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工:パネルソー製作 comments(0) -
スポンサーサイト
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>