ORTAS-MKNK
blank blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
ハードポイントスタンピン
先日自作した電源タップ用ハードポイントマグネット
市販品の「フック穴付きタップ用マグネット」の模倣ですが

それ以外の独自要素を追加しました。

もともとは別個で考えてたアイデアですが都合良く兼用できそうなのでこちらと一体化。

一見、何の変化もありませんが
新たに2つの便利要素を兼ね備えてます。

・電源タップ裏側のハードポイント位置を正確にスタンプする
・既にネジ穴が開いている箇所に木材を被せて下穴位置に合わせてネジ打ちする場合
 ネジ穴位置に合わせた下穴位置を正確にスタンプします。


ナベネジの長さが違うのが特徴です。

「電源タップ用ハードポイントマグネット」では6mm長のナベネジを使用しますが
8mm長のナベネジに交換することで
ネジ先が突出した「ハードポイントスタンピン」仕様にチェンジ。


■ハードポイントスタンピン(電源タップのネジ打ちを正確にする)■

例えば、電源タップをこのような板(もしくは合板壁)に固定したい場合、裏側の左右のビス(ナベネジ)位置を正確にマーキングするのは結構難しかったりします。
そこでハードポイントスタンピンを使用してみます。
先に書いたとおり、ネジ先部分が少し飛び出ています。

次に用意するのが100均などでも扱ってるスタンプ台と綿棒。
綿棒にスタンプ顔料を押し付けて
飛び出ている左右二箇所のネジ先に顔料をちょんちょん移します。
ひっくり返してネジ先部分を固定したい位置に合わせて押し付けるようにマーキング。
このように左右正確な位置にマーキングされました。
薄かったりすることもありますが
認識さえできればこのぐらいのマーキングで充分。
次にナベネジを打ち込みますが
マーキングの中心に正確なネジ打ちが出来るよう
マーキング中心に錐か千枚通しなどでポンチング。
これによりネジ打ちの際、ネジ先の進入をスムーズに誘導します。
電源タップ側に合わせてナベネジの深さを調整。
あとは電源タップを引っ掛けるだけ。
正確なナベネジ打ちが出来たことでスムーズな引っ掛け固定が出来ます。


■ハードポイントスタンピン(木材を重ねる際、下のネジ穴に合わせたネジ穴を設ける)■
※上記であけたネジ穴を流用しますがここでは電源タップは関係ありません。
例えば、この木材の上に板を接着ではなくネジ打ちで固定したい。
しかしベースになる木材には既にネジ穴があるので
その位置に合わせた下穴を被せる側の板にも施したい。
そんな時にもハードポイントスタンピンが使えます。
このように元からあるネジ穴にねじ込んで
ナベネジ頭にスタンプ顔料をちょんちょん。
被せる板の位置を確認しながら押し付けるようにマーキング。
このように被せる板の方にマーキングされました。
このくらいの濃さだとベスト。
薄かったりで解りにくい場合もありますが、中心が把握できれば充分。
中心位置にポンチングして
一旦貫通させるようにドリルなどで穴あけ。
余裕があれば皿取りして
下に敷かれる木材に既にあいてるネジ穴位置に正確にあわせた下穴が出来ました。
正確なのでガタツクこともありません。
確認の為に外して見るとネジ穴が二重にあいてたりなど一切無く
正確に同じ位置に貫通してるのが解ります。

と、こんな具合に
かなり使えるはずと自画自賛な便利要素が加わりましたとさ。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工:コードリール関連 comments(0) -
スポンサーサイト
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>