ORTAS-MKNK
blank blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
ジップキャッチパッケージ試作
・ジップ袋には一切傷を付けず
 ・スリット差込でしっかりホールドし
  ・任意で着脱しやすく
   ・代理で吊り下げ要素を担う
    ・量産性の高い
が課題のジップキャッチパッケージを試作。

ワンタッチハンガーやクリップによる方法論も考えられますが
それらとは違った方向性の「横から挿しいれる」で実現できないかの挑戦です。

木製に拘るつもりはありませんでしたが、その方が都合が良い面もあるようで。

主に2号(約60x80/mm)ジップ袋を使うのでそれに合わせたサイズ。
横方向から挿しいれるようにして接続します。

見て解るようにジップ袋の襟部分はメーカーによって長さが違うようですが
この両サイズには対応できるようになってます。


最大の特徴はこのジップ袋のジップのコブ部分をキャッチするジップキャッチホール。
板と板の隙間はノコ刃の厚みでは太すぎるので2枚の板を上部分だけ接着してます。
そういう意味では製作しやすい部類です。

横方向から挿しいれるのに適した傾斜の誘導溝。

ジップキャッチホールにコブ部分が入るように差し込んでいきます。

この通り、コブ部分がホールドされて普通にぶら下げてる分には落ちません。

丸棒形状の突起、フックなどに引っ掛けることが出来ます。

穴に通せない形状には紐でも引っ掛けられます
…これ、用途的には背面回転式な鉤形状フックの方が良かったな。

普通にジップ袋にハンガータグを貼り付けてぶら下げると

このように上方向がスリム過ぎて、寄り集まると変な角度が付いてしまいます。

が、そういう点では厚みのある木製パッケージであることが幸いして
ある程度の袋の膨らみに関しては袋同士の寄り集まりによる傾斜を緩和します。

ただ、まだ課題と言うか弱点のようなものはあって
いくらコブ部分でホールドするとは言っても無理にしたに引けば外れてしまいます。
外れるクセでも付こうものなら重量級は何もせずとも落ちてしまうかも。

いくつかの解決方法が考えられますが
余計なパーツを増やさず工程として複雑にならない方向でだと、
このようなホチキスによるクロス締め(筋交い)で必要以上に広がらないようにすることで
ホールド状態を維持する。なんてのを現在取り入れてます。

いちおう試したところ
重いボルトを入れたジップ袋を接続して上下に揺らしても落ちはしませんでした。

とは言え、もう一工夫欲しいところかなと思ってます。

※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工:ジップキャッチパッケージ comments(0) -
スポンサーサイト
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>