ORTAS-MKNK
blank blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
雪かきスコップ用フォアグリップ
前回の大雪の際に活躍してくれた物置に10年近く安置されてた雪かきスコップ。
大変便利なんですが、そのなんだ普通の使い方だと体力を消耗するし、腰にくるんだ。
で、そん時からフォアグリップ付けたいなと画策し続けてたところへ
また大雪くるよ予報。

急いで作った「雪かき用フォアグリップ」パーツがこちら↑。

木材は軽量なファルカタ材な部分と強度のある米ヒバ丸材な部分などの組み合わせ。
塗装は取り急ぎでワトコ・オイルフィニッシュ。
追々、耐水ニス塗装なりORTWAX(自家製蜜蝋ワックス)なりは施したいところ。
角度を変えて。
スコップの取っ手部分を外してフォアグリップパーツを挿入していきます。
スコップの柄の径が37mmなのでそれに合わせた37mm口径。

下に下がりすぎないようストッパーを設置してあるのでちょうどよい位置で止まります。
フォアグリップ接続するとこんな感じになります。
取っ手とフォアグリップを持つことで
角度的に腰を屈めることなく楽な姿勢のまま雪かきができるようになる(はず)。
軸回転し、且つ持ち方がいくつかあるので
その場その場で適したアクションを補助する(はず)
可動グリップ。
雪を持ち上げる際にこのグリップが可動することで
クイクイっとフレキシブルな横投げを補助します(はず)
アングルバーの部分を持つことで取っ手と一緒に力強く押し込んだりできる(はず)
このようにして自立させておくことも可。

えー
(はず)(はず)(はず)と推測止まりになってますが
本日の大雪で実践さえすればいろいろ確証を得るなり解った部分がある筈だったに
肝心の大雪が降ってないっていう…w

未完の大器か。木偶の棒か。
雪が降ったら試してみたいと思います。
(何年後かも知らんけど)
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
改造・分解系 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://ortas.jugem.jp/trackback/929
<< NEW | TOP | OLD>>