ORTAS-MKNK
blank blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
エアフィニッシュネイラ導入
長年の夢でもあったエアネイラ(釘内機)を遂に導入。
15~50mmまでのフィニッシュネイルを打てると言う
触れ込みのかなり安価なエアフィニッシュネイラ。
50mmも打てるよ。てのは、おいほんとかよw
と疑わずにはいられないけど物は試しと購入してみました


使ってみたら普通に釘うちできました(大変失礼な言い方ですがw)
いやこれ使えるよw
フィニッシュネイル(釘)はMAXのものを使用。

ちなみに
うちに来たのは本体の油分が酷いのか
ゴムグリップ部分が滑りに滑ってグリップ感どころかまともに握れなかったんで
ゴムグリップをめくってラッカー薄め液で本体とゴムグリップに付いた
油分やら余剰塗膜やら?を拭き取ったらしっかりしたグリップに戻りました。

フィニッシュネイルは厚みに併せてこまめに交換することがあるので
マグネットプレートに磁着させておくとバラけもせず、はぐれることもなく便利。
気になった点としてトリガーに「戻り」がなく緩い。
これが怖い。

先端部分のセーフティーカバーが材に押されない限りは
トリガー内部のエアボタンを押せない仕組みとは言え
いざ木材に押し当てセーフティを外して打つ際には
引いたトリガーが引きっ放しになるため
エアの勢いによっては二度打ちしかねない。
そこで簡単な小改良としてトリガー部分とバレルカバー上部に輪ゴムをこのようにかけて
引いたトリガーがゴムの力で戻るようにしました。
結構効果的でこれで1発ずつ安心安全に打てます。

セットの仕方。
フィニッシュネイルの頭を先端側(左端)に寄せて
マガジンカバーをカチっとするまで上にスライドさせればセットが完了。
↑試しにこの端財をL字状に組んで見ます。
タイトボンド3を塗って
張り合わせ。(必要ならクランプで締めて接着するまで待つ)
ずれないように先端部分を押し当てて(セーフティを外して)フィニッシュネイルを打つ。

くれぐれも近くに指は置きたくないね…。

特長とも欠点ともいえる点で
深めに打ち込むのでこんな感じに小さい凹み穴がつきます。

:memo:
各フィニッシュネイルの長さをSPF材に打ち込む(垂直)のに最低限必要な圧力の目安
15mm  0.25mpa(0.2mpa以下ではトリガーを引いてもスカスカして打ち込めない)
~35mm  0.3mpa
~50mm    0.45mpa

フィニッシュネイルはネジ釘(コーススレッド)ほどの引き締めや保持力は無いので
やや斜めに打ち込むとか接着剤頼みな部分があります。
とは言え
木箱などを組み上げたり薄い板をパネル状に並べて留めるのにはかなり頼りになります。


   
   
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工系 comments(1) trackbacks(0)
スポンサーサイト
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
Comment








管理者の承認待ちコメントです。
from. - | 2018/06/01 03:55 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://ortas.jugem.jp/trackback/972
<< NEW | TOP | OLD>>