ORTAS-MKNK
blank blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
袋栽培用ポリバコフレーム
袋栽培用のポリバコフレームの製作。
よくある栽培土の入ってた袋を利用した袋栽培ではなく
お手軽にレジ袋を利用した袋栽培の為の外装容器。

形状的には脚付きの木製深型プランターといった体にレジ袋を被せる感じで
言い方を換えればレジ袋を挟むことで水分などで木部を直接傷めさせない為の
内幕ポリポット的扱い。

↑2011年にもポリバコフレーム試作Lv4で袋栽培を試行したことがあって、
結果、苗の問題もあってか失敗に終わったけど
いろいろ情報は得られたのが今回のに活かされてる。 はず。

口の部分が取り外しできて
予めレジ袋2枚重ね(経年劣化で破れる場合があるので)で口パーツにはめこみ
レジ袋のヒレ部分を内側に潜り込ませるようにして本体にセット。
↑取っ手部分を引っ掛けて固定するバー。
このように取っ手部分を潜らせて斜めにバーを立てかけるようにして
ハンマーで少し打ち込んで外れないように固定。
ちょっとアバウトだけど現状ではこの方式での取っ手部分の固定。

仮に外れたとしても
口部分をセットした段階でレジ袋を辺的に挟み込んでる上に底面で支えられてるので
取っ手部分が引っ張られることもなく特に問題にはなりません。

レジ袋をセットして正面から見るとこんな感じ。
底部分。
中央と四隅に排水口。

今にして思えば、
裏桟のようなものがないこの状態だと底の部分が湿度や重量で変形するかもしれない。
様子見よう…。

排水口部分にかぶるレジ袋部分に穴を開けて(現状この一箇所のみに排水処理)
排水と一緒に土が流出しないようにスポンジを敷いてその上に土を被せる。

排水としてこれで充分なのか心配なところもありますが
これも暫く様子見ということで。

↑ポリポット状態だったゴーヤ苗を移植してみました。
入る土の量は約7kg程と推定。水分含めば更に倍。


この袋栽培用ポリバコフレーム、もう一つの栽培方法を想定してますが
それについてはまた追々。
(もう一箱作らないといけない)

※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工:栽培用 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://ortas.jugem.jp/trackback/973
<< NEW | TOP | OLD>>