ORTAS-MKNK
blank blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
育苗木箱発育状態その後
牛乳パック育苗木箱の育苗実験その後。
↑前回の育苗状態から
↓一ヵ月後
バジル。
溢れ返ってて一刻も早く移植したいところ。(暑くて…)
ゴーヤ。
一部移植して育苗木箱に残ったもの↑ですらたくましく伸びてる。
唐辛子。
2週間程度で各個ある程度の大きさに育った為、早々に全部ポリポットに移植。

牛乳パック育苗木箱を試用してみて
1シーズンの発芽・育苗には充分耐えるし、使い勝手にも問題なし。
なかなか良い成果を得ました。

もう一方、
袋栽培用ポリバコフレーム(L)でのゴーヤ栽培実験その後。
↑前回の移植+発育状態から
↓一ヵ月後
2m級パーゴラモドキの天井に到達し尚且つ順調に蔓を伸ばしてます。
花は咲けど実はまだ確認できず。

気にかけてた排水状態はとても順調で過剰な水分はスポンジを通してちょろちょろ排水。
半ばろ過してるようなもんなので、それなりに綺麗な水で流れてる様子。
(場所によっては排水汚れを目だたせない?)

ゴーヤ自体の養分吸収も激しいし
排水の際も養分が多少は流れ出てしまうので
養分不足になりがちらしく(下の葉が黄色くなる)
定期的に追肥やハイポネックスなどの養分補助が必要。ということを確認。
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工:栽培用 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://ortas.jugem.jp/trackback/978
<< NEW | TOP | OLD>>