ORTAS-MKNK
blank blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
KindleFire HD用スタンドを作ってみたよ
値引きに魅かれてKindleFire HD買ったんですが
これ、中身的なものとしてはともかく
普通に常用するにはとてもじゃないけど「持ち難い」代物なんですよ。
フラット過ぎて引っ掛かりがない為か
指〜肩が不必要に緊張すると言いますか疲れると言いますか。
熱も帯びてくるし低温火傷の予感もそこはかとなく。
裏側の素材がラバー系のマット地で指紋もべたべた。
画面側はともかく裏側は拭いても拭いても後から後から跡が残る感じで
これをこのまま持ち歩くのは正直ちょっと…。

そこでKindleFire HD用のスタンドを作ってみました。
とりあえずの機能は充分果たしてくれてます。
格納するとこんな感じ。
まずは横置き。
横置きの背面図。
HDMI(左)とUSB(右)端子の出に充分なスペースとコードを背面に通す「逃げ口」。
脚パーツの取り付け位置を中心点よりややずらすことで
脚部を回転させた際には縦置きにも対応した角度になります。

可動部のネジ部は先端部分をエポキシ接着剤で固定してるので
ある程度のキツさのまま自在に回転させられます。

縦置き正面図。
縦置き背面図。
脚部が回転するのを利用して角度も2種類に展開可。
↑A:約60°
↑B:約35°
↑KindleFire HDを固定する可動留め具。
このように開閉することでKindleの出し入れとぬ抜け落ち防止を担ってます。

脚部分に手を通すことで「左官鏝台」のようないろんな角度での持ち方が出来る。
可動留め具があることで下に向けても抜け落ちません。

シンプルな見栄えに乗じて不親切に思えるのがこのボタン類。
左から電源・音量・イヤホンジャック。
音量は画面上でもコントロールできるし
イヤホンジャックも使うときは限られるのでそうそう問題はないけど
問題は電源。省エネモードから復帰させるにも手探りになりがち。
いちおう目処になる「印」を付けることでだいぶ「手探り」は改善されたけど
作り直しの機会があればもう少し見栄えの良いマークにしたいところ。
↑ジャック部分を挿すとこんな感じに丁度良く挿さります。

KindleFire HDのスピーカー部分は背面〜側面にあって
板で塞いでしまうと音が篭ってしまうので
同位置に穴あけして
とりあえず音が背面から抜けるように加工。

機会があれば追加で背面から前面に反響させるコーン加工にしたいけど
それはまたいつか。機会があればいつか。

私の指はどうもタッチパッドに反応し難いらしいので
Bluetoothキーボードも用意。
折りたたみ式のもので元はiPhoneとかiPad向けのものだとか。
KindleFire HD(Androidベース)では記号系のキー設定が殆ど違うけど
文字入力に関しては問題なく出来ます。
特に上下へのページスライドを↑↓キーで出来るのがほんと助かる。
(普通に指で上へ下へと行うと間違ってリンク押しちゃって…とかよくあるんで)

ファンクションで音量調整や再生/一時停止も行えるのでリモコン的にも扱えます。

今度検査入院するんですが(LAN設備有り)その際にも暇潰しに役立ってくれるはず。
体調の問題でまともに作業できずやきもきしたもののとりあえず間に合ってよかった。


※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
木工系 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://ortas.jugem.jp/trackback/984
<< NEW | TOP | OLD>>