ORTAS-MKNK
blank blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
ORTASは大型機材のお出迎え準備をしていた
「大型機材」を導入するにあたり、
いくつかのオプション機器も含めて一緒くたに格納できる専用台が必要と判断し、
少しでも動ける時には、ストック木材をやりくりして(※)
お出迎え準備として「専用台」と「専用台を格納する作業台」を制作。


(※)木材取り扱いの馴染みのホームセンターまでも、とても行けない状態の為、
残り少ないストック頼み。そのストックも尽きようとしている…。密かにどうしよう状態。

 
↑専用台。天板を外してる状態。内部構造が解りやすい画像。
内部にオプション機器を内装できる寸法。
幅950x奥878x高305/mm

 
天板が蓋のようにはまる仕組みで、
いざと言うときは同じサイズに切り出した新しい天板と交換できる考え。
 
↑コロ付き(キャスター付き)なので引き出したり移動させたりができます。
これが有る無いで狭い箇所での配管(排気ダクト)作業の難易度は桁違いだったと思う。
天板が幅広に出っ張ってる構造(逆に言えば脚が内向き)も移動時に周辺の物と
干渉したりすることがないように、との考えから。

 
↑この塗装しようかしまいかと迷ってる状況で「機材」の出荷が遅れてることが発覚し、
専用台は色付きで作業台は無色ワックスにしようと決定。
 
↑隠れる部分で色試し。
水性ステインとワトコオイル、BRIWAXの三種を、どの順序で重ね塗りする?
みたいに。
 
↑塗装作業中。
 
↑いちおう、設置場所に運んで収まるかどうか確認。部屋が結構狭くなる…。
 
↑こっちは専用台を格納する作業台の制作中画像。でかいので半端な画像しか撮れず、
残り少ない木材ストックで構成してるので構造としてはやや貧弱。
乗ることはできるけど、その上で踊れるかどうかは微妙なところ。
 

側面図。
↑側面には透過性と臭い?の遮蔽板と見込んでプラダン(プラスチックダンボール)をはめ込み。
プラダンは静電気を帯び易いようで、ホコリや人や猫の毛を吸着してるのを見るに
猫の通り道に配されることから、猫毛や微細粉塵も機材側に吸い込ませない
微弱静電気防壁みたいになるかも?と薄ら期待。
 
BRIWAX(クリア)を擦り込み磨き込んで天板も防水塗装して完成。
(作業台 : 幅1012x奥898x高800/mm)
パーツを一旦、運搬用にバラして移動先で再組立て。
本来なら木工部屋に配置したいですが引火性塗料の類や微細粉塵が尋常ではない為
都合上、最も安全なこの場所に配置されます。(ベッドの横!)
 
これでお出迎え準備が出来たと息つく暇もなく
ほぼ同時に「機材」のダンボール群が届いてて早速、
荷解きしながら一旦格納して、機材の組み立ては後日。

 
ギリギリ間に合った感じだけど、
この時点で既にかなり無茶をしてしまってたので
背中と腰がビキバキいってて(普通の人ならこともないことだろうけど持病持ちなんで)、
後々の寝込み祟りが怖ぇし。




※当記事は追記編集・確認作業含めての事後投稿です。

 
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
レーザーカッター comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
※ブログランキングに参加しています。宜しければクリックの御協力お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
※こちらもよければ。励ましになります。
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://ortas.jugem.jp/trackback/995
<< NEW | TOP | OLD>>